装束・衣体(本山制定)について

記念色衣・制定色衣
色衣 画像 色名称 制定 備 考
紅鳶色
(べにとびいろ)
宗祖700回御遠忌記念制定
蘇芳重色
(すおうがさねいろ)
(縦糸(蘇芳色)と横糸(薄茶)の掛け合わせ)
秀政上人伝統奉告記念制定

(上記紅鳶色と似ているが、裏地色が異なる)
蘇芳重色夏用衣(基本は無地)
夏用は縦糸が細いので、全体の色が薄く見えます。
濃栗皮茶色
(こいくりかわちゃいろ)
秀瑞法主伝統奉告・750回御遠忌記念制定

紫玉虫緞子
(むらさきたまむしどんす)
(裏地は紫)
本座一等衣体 昭和61年制定(告示第一号)
青丹色
(あおにいろ)
本座一等衣体 昭和61年に上記紫玉虫色へ
現在も着用可 

白色
記念五条・制定五条 六段紋を正規とする)
五条画像 色名称 制定 備考
雪の下色 
白紋
700回御遠忌記念 夏冬兼用あり
(写真は夏用)
橙亀甲地色 
白紋
宗祖生誕800年法要記念 夏使用は不可
(夏用なし)
浅橙色地 
金白入交紋
秀政上人伝統奉告記念制定 夏冬兼用
退紅色 
白紋
秀瑞法主伝統奉告・750回御遠忌記念制定
濃蘇芳色 
白紋
本座一等 昭和61年制定(告示第1号)
夏使用は不可(夏用なし)
白地 
金紋
住職衣体
(これ以外に、紫地白紋又は金紋)

白地
赤寺紋



本座一等


昭和61年に上記濃蘇芳色へ
現在も着用可